2013年12月12日

組織の目標を達成する方法(2)

3.目標達成(やる気)に結びつくのは仕事の達成感

どんなに緻密に立てられた計画も、本人またはメンバーがやる気を起こさなければ、目標は達成されません。

やる気を起こさせるには、適切なモチベーション、すなわち「動機付け」が必要です。

それを行うのは個人の目標管理の場合は本人ですが、組織の場合は、主として上司の責任になります。



やる気を起こさせる条件には、基礎的条件と実践的条件の2種類があります。

基礎的条件とは一種の環境要因で、仕事をしやすくするように環境を整えることです。

主なものは次の5つです。(当社の場合はどうなっているか確認してみましょう。)



(1)組織のポリシーと管理

例えば、会社が従業員の創意工夫を重視する方針をとっているか、それとも規定どおりに振舞うことだけを求めているか。



(2)上司の指導・監督

困難な状況に遭遇したとき、上司が適切に指導・監督しないと、部下がやる気を起こしにくくなります。



(3)給与その他の待遇



(4)対人的条件

上司や部下、同僚などとの関係が良好であることが必要です。



(5) 作業環境

たとえば照明が暗すぎる、使えるパソコンがない、といったような環境では仕事に意欲を燃やしにくくなります。




posted by ホーライ at 19:44| 組織の目標を達成する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。